FC2ブログ

避難訓練 2020

2020年9月1日

今日は「防災の日」

ということで、毎年恒例の避難訓練を実施しました。

合わせて、備蓄品のチェックも行い、「もしも」の事態への、物心両面の備えを確認しました。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大が大きなニュースになっていますが、豪雨災害や台風被害など、自然災害も何度も繰り返し発生しています。

不測の事態が起きないことが一番ですが、起きてしまった時に少しでも冷静な行動が取れるように、改めて考える時間となりました。

防災の日_20200901

スポンサーサイト



感染症予防対策

2020年3月31日

新型コロナウイルスの感染が、拡大し続けています。

幸い、従業員やそのご家族、また取引先の皆さまにも感染の被害は出ていません。

けれども、報道などを見る限り、感染していても無症状な場合も多く、無自覚なまま他者に拡散している可能性もある、とのことです。

会社としても、感染予防のために、再三スタッフに注意喚起を行ってきました。

さらにスタッフの意識を変えていきたいと考えて、より当事者意識を持ってもらうためにも、「検温」のお願いをすることにしました。

当面の間続けて、スタッフ自身の健康管理にも役立ててもらいたいと思っています。

コロナ対策_20200331



インターンシップを実施しました。

2020年2月4,5日

2日間にわたり、大学2年生のインターンシップを実施しました。

文系専攻の学生さんでしたが、情報サイトを見て応募してくれました。

機械を見たことも触ったこともなく、パソコンの操作も自信がない・・・ということだったので、「製造の現場はこんなことをしているよ」ということを見てもらうことを中心に行いました。

モノづくりの仕事が合うか合わないかは本人しだいですが、こんな仕事があるんだ、ということを知ってもらえてよかったと思います。

これから他の業種のインターンシップにも行くとのことでしたので、いろいろ経験してみて、自分の興味や関心に気付いてもらえたらいいなと思っています。

インターンシップ-1_20200204

インターンシップ-2_20200205

インターンシップ-3_20200205

工程管理にチャレンジ

2020年1月27日

今年に入り、「工程管理の見える化」にチャレンジしています。

これまでも、もちろん工程管理は行ってきましたが、細かいスケジュール管理は各スタッフにお任せで、工程管理担当者は、全体の進捗を把握するというざっくりとした工程管理をしてきました。

それぞれのスタッフが力量があり、各自で工程を管理できるので、それに甘えてきた部分もあります。

これまでのやり方で大きな問題があるわけではありませんが、少ない人数で作業をしているので、もう少しお互いの作業内容や進捗がわかるようになれば、工程の見直しやフォローがしやすくなるのではないか、という声が出てきました。

そこで、アナログな方法ですが、図面を使って「工程の見える化」をやってみることにしました。

短時間ですが、全員で工程を確認することで、みんなが全体の進捗を把握できるようになり、他の人の状況にも関心を持てるようになってきました。

「報・連・相」のコミュニケーションの場としてもとてもよいので、しばらく続けていきたいと思います。

工程管理_20200127



2020年 仕事始め

2020年1月6日

明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今年の干支は「庚子」。始まりの年、変化の年と言われます。日本にとっては、東京オリンピックが開催される歴史に残る一年になることでしょう。

ダイキ精工も、飛躍の年となるように、スタッフで力を合わせてがんばってまいります。

仕事納め_20191228-3

仕事納め_20191228-1


恒例の年始のあいさつで、一人一人が今年の抱負を発表しました。

今年は、家族が増えたり、進学する子がいたりと、スタッフの生活にも変化のある年になります。楽しみです。

仕事始め_20200106-2